NPO法人 オペア


ニュース

2018.02.22

作業紹介(ごみ分別作業)<あるく>

ゴミ分別作業

あるくでは企業様から委託を受けゴミの分別作業も行っています。

■基本的な流れとルール

・活動時期
毎週の木曜日の13時~15時に企業様の工場で実施し、移動には車を使います。
当日この作業に入る方は11時40分~12時40分に休憩を取ることになります。

・準備
休憩終了後すぐに出発できるよう、遅くとも5分前には作業着に着替えます。
またヘルメットやゴム手袋といった到着後に装着・使用する道具を予め用意しておきます。

・仕事内容
主にビン・缶・ペットボトルの分別を行います。
1人がゴミ袋を破いてコンベア内に中身を出し、他の人がそれを分別します。

○ペットボトル
大きなゴミ袋に次々と入れていきます。中身が入っていても構いません。
袋が一杯になったらそれを指定の場所まで運び、また新しい袋を用意します。
担当する中で最も数が多く、それだけに回収漏れに注意が必要となります。
特に小さいペットボトルやフタを見落とさないように注意が必要となります。
ひと目でわかりにくいものは「PET」等の表示を確認して分別します。

○ビン
指定された大きなカゴの中に入れていきます。
カゴが一杯になったら台車で指定の場所まで運び中身を放出し、元の位置に戻します。
カゴを持ち上げる時に腰に負担をかけないよう、ビンの量と自分の姿勢に注意が必要です。
ペットボトルと紛らわしい時は軽く叩いて硬度を確認します。

○缶
そのままコンベアの先に流し、プレス機にかけて頂きます。
飲料系以外ではお菓子のケースなど四角い缶もあるため注意が必要です。

○その他の異物
燃えるゴミ、燃えないゴミ、ライターなど、それぞれ指定の場所に入れておきます。

■片付け
周囲に散らばったゴミを片付けた後、企業様の職員さんに挨拶して帰ります。
ヘルメット以外の作業着や備品はあるく内に持ち帰り、担当を決めて洗浄をします。
この洗浄も作業の一環として行っています。

■注意点
工場内では重機やトラックなどが稼働しており、利用者の方のみで行動は出来ません。
仕事場に向かう際や帰る際、トイレに行く際など、必ずあるくのスタッフと共に行動することになっています。

■仕事を通じて身につく能力
・体力
常に体を動かし続けるため、体力が身に付きます。
肉体労働や外回りの仕事をはじめ、様々な分野で役立ちます。

・集中力
見落としに注意しつつ分別作業を行うため、集中力が身に付きます。
いわゆる物品以外に資料やデータなど様々なものを扱う上で役立ちます。

・忍耐力
同じ作業を長時間行うため、忍耐力も身に付きます。

・チームワーク
ゴミの運搬時や異物の報告など、状況に応じて声の掛け合いが重要となります。
そのため連携や報連相が求められる際に対応しやすくなります。

・環境への耐性
衛生面や暑さ、寒さなど肉体的な負荷に慣れることができます。
同業種を含めた工場勤務や介護業界などを目指す人にお勧めです。


お知らせ一覧


最新のお知らせ

  1. 2020.01.17
    NPO法人オペア 求人情報 【オペア】
  2. 2019.11.06
    ・・ラジオ告知・・ 【オペア】
  3. 2019.10.17
    「☆★スイーツDecoいるむ 北海道メイカーズ出店★☆」
  4. 2019.08.13
    ・・ラジオ告知・・ 【オペア】
  5. 2019.07.17
    NPO法人オペアのラジオ番組始まります!【オペア】



特定非営利活動法人オペア
札幌市白石区南郷通12丁目6-20サンケンビル南郷203号
TEL : 011-376-5455FAX : 011-376-5466

お問い合わせはこちら


loading