NPO法人 オペア


イベント

2017.09.07

8月の誰でも参加できる当事者研究<あるく>

  • 8月の誰でも参加できる当事者研究<あるく>
  • 8月の誰でも参加できる当事者研究<あるく>

8月29日(火) 誰でも参加できる当事者研究。

1.あるくでの生活が楽しければ楽しいほど募る不安の研究

2.お金の問題を親に言えない苦労の研究

3.昔の仕事の嫌な事をふと思い出す苦労の研究

の3本立てで当事者研究を行いました。

「あるくでの生活は天国」と話されていて、近い将来、就職したら現実と向き合っていかなきゃいけないと思うと不安があるとの事です。

求人票には、その会社にどんな人間がいるか書いてないため余計不安になると話されていました。

そのような苦労に対して、「天国からの現実落下症候群」タイムスリップタイプという病名が付けられました。

「天国からの現実落下症候群」タイムスリップタイプについては、就職に対しての予期不安が原因になっているのでは?と仮説を立て、職場実習に行ってみると良いのではとの意見がありました。

お金の問題を親に言えない苦労の研究では、親のリアクションが気になってしまい怖さがあり不安であるとの事。世間体が良くないとのイメージもあったり、過去にも親に認められたことがあまりないとも話されていました。

「お金を出してもらえないかも」という考えや思いがあり、言えないとの事です。

この苦労についても「予期不安」が共通して原因となっているのでは?という話になりました。

そこでなぜ「予期不安」が出で来るかというと、過去のトラウマ的な事が原因になっているようで、トラウマ的な嫌な経験があるからこそ、未来に起こる予期不安に繋がっていくという1つの結論にたどり着きました。

病名の「タイムスリップタイプ」というのは、今抱えている苦労は、未来や過去にタイムスリップしている事を表現しています。

「苦労は時空を越えるのです」

これが今回の当事者研究よって生み出された結果です。


9月の「誰でも参加できる当事者研究」は、9月26日(火)16:00~17:00の予定です。
どなたでもお気軽に参加して頂ければと思います。
よろしくお願いします。


イベント一覧


最新のイベント

  1. 新年初ラジオ✨
    2020.01.22
    新年初ラジオ✨
  2. 萬蔵祭参加報告&御礼 【オペア】
    2019.08.09
    萬蔵祭参加報告&御礼 【オペア】
  3. ☆万蔵祭に出店します☆【オペア】
    2019.07.30
    ☆万蔵祭に出店します☆【オペア】
  4. 初ラジオ終了!【オペア】
    2019.07.22
    初ラジオ終了!【オペア】
  5. 6月の「誰でも参加できる当事者研究」のお知らせ<あるく>
    2019.06.18
    6月の「誰でも参加できる当事者研究」のお知らせ<あるく>



特定非営利活動法人オペア
札幌市白石区南郷通12丁目6-20サンケンビル南郷203号
TEL : 011-376-5455FAX : 011-376-5466

お問い合わせはこちら


loading